Beauty Network

予防は可能?心臓病とは無縁の生活を送りたい!

休まず働く心臓にも休まる時間を

人間が生きている限り、心臓は動き続けます。そんな心臓に休まる時間を、等というと不穏なお話かもしれませんが、食事によって心臓への負担は大きく変わります。脂っこい物や偏った食生活ばかりだと、血液が粘つき、コレステロールも増加します。必要な栄養素が少なく、過剰な塩分や脂質が多くなると、体中に軋みが現われ、やがてそれは心臓にも影響を与え始めます。そうならない為にも、普段から摂生しましょう。勿論摂生ばかりだとストレスが溜まるので、時々は好きな物を食べるのも良いですね。

運動し過ぎず運動するのがベストです

スポーツ選手などは、プロの指導者がついているので、負荷の限界を知り、体の作り方も心得ていますが、一般人はそうではありません。運動し過ぎると逆に心臓への負担が大きくなるので、まずはウォーキングから始めてみるのも良いでしょう。少し息が上がるくらいのスピードが理想ですが、それでも厳しい場合には、自分が苦しくない程度に、長時間歩くのがお勧めです。また、水泳は関節への負荷が少なく、膝が弱い人には良い運動です。適度な運動は心臓を強くし、ダイエットの効果も期待できます。

予防方法はあっても完璧ではありません

心臓病に限らず、特異な病気を除けば、殆どの病には予防方法と言う物が存在しています。心臓病なら正しい食事や適度な運動。過剰にストレスを溜め込まない、等もあります。ですが、これらを完璧に実行したとしても、心臓病を防ぐ事は出来ません。発症する確率はグッと下がるでしょうが、全く無い、と言う状態にはならないのです。それは他の病気でも同様です。だからと言って予防方法を実践せずに居れば、病の確率は跳ね上がります。やらないよりは、やっておいたが、何より心の持ちようが違います。その心の在り方でも、発症率は下がり得ます。

大動脈弁狭窄症とは、心臓の左心室と大動脈との間にある大動脈弁が、動脈硬化などが原因で硬くなって動きが悪くなり、血液の出口が狭くなってしまう病気のことです。