Beauty Network

歯を根元から失った際の治療法としてインプラント以外の治療法も視野に入れましょう

インプラントが持ち上げられているわけ

歯を根元から失った際の最新の治療法がインプラントです。ごく簡単に言うと、歯の抜けた部分に根となるボルトを埋め込んで顎の骨と結合させます。結合したらそこに人工の歯を装着して完成という方法です。顎の骨が薄い場合は骨を増やす手術をして可能なケースもあります。このようにインプラントでは顎の骨にボルトがくっついて人工の歯の根としての役割を果たすので、義歯やブリッジに比べて格段に噛む力がアップ、あたかも自分の歯のような噛み心地を実現したのです。

費用が高いという問題点

インプラントをしたくてもできない理由の一つに高額な治療費があげられます。健康保険が使えないので1本あたり30万円からなどと高額な治療費がかかるのです。最近では1本10万円しないような格安なインプラントも登場しているようですが、少々不安な面もあります。治療費と材料、そして医師のスキルはほぼ比例すると考えた方がいいでしょう。もちろん違うケースもありますが、あまりに安い場合はちょっと考えた方がいいかもしれません。費用は高いですが、ローンを組むこともできますし、場合によっては医療費控除の対象となることもあるので、少しでも費用を抑えたいなら、そういった制度を利用するといいかもしれません。

義歯やブリッジという選択肢

歯を失ったらインプラントというのが主流になりつつありますが、それ以前から行われてきた義歯やブリッジという選択肢も視野に入れるべきです。噛み心地はインプラントの方が格段にいいですが、費用は別にしても全ての人が受けられるわけではありません。骨を増やす手術をしてもダメだったり、何らかの持病を持っているとできないケースもあるのです。そんな時に無理してインプラントをしても、上手くいかなかったら大変です。噛み心地は仕方ないとして、見た目に関しては保険外であれば義歯でもブリッジでもきれいに仕上げることは可能なのです。

杉並区で行うインプラントは品質の高いものを使用しているので、手術を受けることで普通の歯と同じように使えるようになります。